picnic earth PRESENTS

2008年09月17日

未来への可能性。


フロアーからは見えづらかったと思いますが
ステージ上に置かれた怪しい足形。

2008_9_17_aihatikyuutoutau 18.jpg


イベント中にはご紹介しましたが、
実は人が踏むことで発電する “発電床” なんです。


今回のイベントではドラムセット内のマイクに
くるくる巻き付けさせていただきました。

2008_9_17_aihatikyuutoutau 78.jpg
↑主役は住職ではなく、マイクに巻き付いたちいさな電球です(笑)



ライブハウスの床で発電することは、かれこれ5年来のあたしの夢


ライブハウスによく行かれる方は
中でもモッシュ大暴れ系のライブに行かれる方はご存知だと思いますが
ライブハウスの床って揺れるでしょ? 人力で。
それはそれはもうすごいエネルギー量で。
ある日突然 あれは誰のライブ中だったかな〜 ふと思ったの。
このエネルギーで発電出来ればいいのに。って。

“グリーンエネルギー”と呼ばれるものにはいろいろあって
例えば風力だったり太陽熱であったりバイオマスであったり
使用電力の一部を風力発電で賄っている某有名大型ライブハウスもありますが
いやいやいや、ライブハウスですから。
フロアーで発電しましょうよ!と、それはそれはあてのナイ(笑)、
大きな大きな夢を描いておりました。

で、それがですよ。

たまたまつけたテレビの中で“発電床”が紹介されているではありませんか!

さっそくネットで検索して見つかったのが、
株式会社 音力発電
会社名までステキ過ぎるッ!!!!!

こんなに熱いオモイがあるのに
あたしは中国視察のため会社を訪れることができず
副責任者のイチがそのオモイを受け取って
直々に会社まで貸し出しの交渉に行ってくれました。
その結果イベント会場にやってきたのが、写真の怪しい足形クンです。


足形クンのサイズは50センチ×50センチ
点灯するのは、150個のちいさなちいさなLED電球。
でも、もう、うれしくってさ。

とってもちいさな灯りだからステージの照明には敵わないし目立たない。
ドラムセットのマイクは移動させるものなんだから。
そこに固定するのはちょっと・・・・・・・・・・・ などなど
たくさんのアドバイスをいただきました。

が、結果、カナ一歩も譲らずでホントにごめんなさい。
我ながら頑固だな〜・・と思ったのですが
5年間描き続けた夢、その初めの一歩、どうしてもステージに置きたかった。

見えないとしても。
何の役割を果たしてるの?と思われても。
これが現状。
ちいさいからこそ可能性。だと、思いたかっし、思いたい。


イベントに来てくれたお客さんに

NUBOのライブ中
tommyくんと一成くんが向き合ってこの発電床を踏んでさ
その瞬間ステージの照明もほとんど消えて
暗闇に青い光のスジが2本
上に向かって延びたの覚えてる・・・?

もーぉ、めちゃめちゃ感動して、諦めない。って思った。
ああいう不思議な瞬間があるから、イベントって止められないんだ。

結局、やはりマイクスタンドは動かすものであって
FUNKISTのライブのときにはコードが断線
電球が3つしか点かないという事態になってしまいましたが
あたしとしてはこれが今のところこれが現実というか
結果、らしくて、おもしろかった(笑)
間違いなく“らしい”でしょ?


繰り返しになるけどあたしの大きな大きな夢のひとつは

アーティストが奏でる音楽でオーディエンスが踊り
そのパワーでアーティストがまた音を奏でられること

実際今でもある意味成立している構図なんだろうけど
それを電力の部分でも成立させたい。


イベントが終わって改めて音力発電にその可能性をお聞きしたところ

どれだけ賄うかという問題だと思いますが、
近い将来照明がLEDなどの照明に変われば
照明部分だけならば補える可能性は高いと思います。

と、お返事をいただきましたッ。

音源関係の電気を賄えるようになるのはもう少し先だというお話でしたが
大切なんは、ちいさくても、今できることを知ることなんよな〜。


今まではあたしひとりの空想に近い夢だったけど
今回の出会いで同じ夢を見てくれる人が
たくさん増えたんぢゃないかな〜。と思う。

いつかフロアーに発電床を敷き詰めたいな。
だーれかーーー(笑)

音力発電について詳しく知りたい方は
上に貼り付けたリンクを見てね。
何だかわくわくするよー♪




最後に、担当の服部さん、
当日は相模原から遥々ありがとうございました!
イベントを最後まで見てくれて、ホンットにうれしかったです。
いつかたくさんの人の夢が叶いますように!



posted by カナ(ちびっこリーダー)

 

 

posted by picnic earth at 22:41| vol.2 イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FUNKIST。

4番手、最後の出演者は、FUNKIST。

うーん、確か前回もそうだったと思うけど、
というか、FUNKISTが出るイベントで、見る限り毎回なんだけど、
イベントが始まった時点で西郷くんの前の2枚の紙は白紙。
つまり、セットリストが白紙。


これってさ、すごいと思うの!
そこまで考えて選曲したり、順番考えたり、
そして直前のセットリストを受けて演奏できるメンバーも

こういう決め方って、よっぽどメンバー間の信頼がないと出来ないと思う。

で、間違いなく、FUNKISTにはその信頼があるよね。

funkist3n.jpg

funkist4.jpg funkist5.jpg 2008_9_17_aihatikyuutoutau 78.jpg


カナがまともにレポートを書けないことなんて
もはやバレバレだと思うのですが

FUNKISTは特に無理で

というのは、真剣に記憶が飛んでいる部分があるのと、
とにかくたくさんの人と笑いたくて
知ってる顔を客席で点々としていたのと、
最終的には感無量で外に出ちゃったんだよね・・・(笑)


この人たちはいつもゼッタイ忘れないんだ。

自分たちの伝えたいメッセージだけじゃなくて

イベントを作ってるスタッフのオモイとか
他の出演者のパフォーマンスのこととか

記憶は曖昧だけど

それらが余すところなく包まれたライブだったことは忘れてない。

規模が全然違うけど、あたしがこういうイベントを企画するのは、
何をするにも欠けてもいい人なんていないし
誰も置いていっていい人なんていないと思うから。

よろしければ。
また一緒にたくさんの人を笑顔にして欲しいデス。
FUNKIST観てるとさ、世界は変わるかもしれない。って、
本気で思うんだ。

これからもよろしくお願いします!


all photo by  イチ
posted by  カナ(ちびっこリーダー)
posted by picnic earth at 21:05| vol.2 イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NUBO。

3番手に登場
バンドアクト一番手に登場したのはNUBO。

彼らのライブを初めて観たのは2年前
何故か丸亀の(笑)倉庫みたいなライブハウス。
それからあちらこちらと繋がって
今回のイベント出演になったのだから
縁ってホントに不思議なものだ。


DSC_9761_s.jpg


一方的にライブは観ていたものの
ちゃんとお話をするのは初めてで
しかもこういった趣旨のイベントなので

偏見は持たれたくないし
かといってやっぱり趣旨は少しでも分かって欲しい。
あたしなりに悩んで言葉をツラツラ重ねた結果
彼らは

「自分たちはバンドなので、とにかくいいライブが出来るようにがんばります」

と言った。

すんごいうれしかった。

そのお返しにあたしが出来ることといえば
オモイっきりライブを楽しむことなんじゃないかと(勘違いかも・笑)
舞監のゴッシーにここばかりはごめん!!と
すっかりお客さんとしてライブを観せてもらった。




そして、まああああああああ、びっくりした。


DSC_9731_s2.jpg DSC_9688_s.jpg

DSC_9783_s.jpg DSC_9772_s.jpg

DSC_9769_s.jpg


何てくるくる表情を変えながら
楽しそうに
動き回るバンドなんだろう。

自分たちが楽しい!ということはもちろん
それよりもっと
「楽しんで欲しい!」というキモチが前面に出ているライブだったと
あたしは思う。


あたしが言うまでもなく何の偏見もない
素直なキモチから出る言葉たちは
きっとどんな正確な数字よりも
ずっとリアルに心の奥の方まで届いたと思う。
少なくともあたしは、忘れていたキモチを、
知識が増えて見えづらくなっていたホントのキモチを、
思い出させてもらいました。
ホントにありがとう。


ライブ後ステージ袖で交わした握手の手のぬれ具合は
我武者羅應援団に続いて第2位でした(笑)


木のイラストのTシャツを着てくれてたり
地球へのメッセージのTシャツ着てくれてたの
ちゃんと気づいとったよ!!



いつかまた一緒にイベントしたいな〜


間もなく全国ツアーが始まるそうなので
お近くでライブがある際は、ぜひ遊びに行ってみてください!
頑張る勇気をくれるというよりも
一緒に頑張ろう!と思わせてくれるバンドさんです。



しっかし・・・
ホント、ステージの上と下で顔が変わり過ぎ!!
特に一成くん・・・
あたし素で分からんかったもんね
失礼があったらすいませんでしたッ・・(笑)

nubo4.jpg

all photo by  イチ
posted by  カナ(ちびっこリーダー)
posted by picnic earth at 20:10| vol.2 イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

てんつくマン。

2番手にトークライブで登場したのは
あたしの大切なお父さんのひとり、てんつくマン。

むかしからラブリー♪(笑)なものが好きなお父さんに手紙を書こう。

ten1.jpg

実はあたしとおっちゃんは(お父さんだけど、おっちゃんと呼んでいる)
そんなに喋らない。
むかしはよく話したけど、最近はどんどん話さなくなった。

お互い不器用でヘンにメールをするとカチンと来ることが多いし
ここまで来ると、たぶん言葉が意味をなさないんだと思う。

今年の5月末で、おっちゃんの直属のスタッフは卒業しました。
でも、これからもできることならお世話したいし、
めいいっぱいお世話されたいと思う。

おっちゃんと知り合ってもうすぐ12年・・・?!!!!!

同じ団体だとか、スタッフだとか、決して人をくくる人ではないし、
そんな言葉に何の意味もないことを、きっと誰より知っている人だから、
それが鎧だと勘違いしているあたしを、卒業しようと思った。
言ったら、出演者とお客さんというのも、何も線引きもないよね。

ten2.jpg

あたしはおっちゃんからたくさんの出会いと経験とキッカケをもらった。
それは決していいことばかりじゃなかったけど、
忘れられない場面がたくさんある。


おっちゃんに初めて会った日、一緒にお菓子を食べた次の瞬間、
あたしだってステージの上のおっちゃんを眺めてたんだ。

この日のイベントも、また、あたしみたいな人を生んでいたらいいな。
と、切に思う。


おっちゃん、痛風の気があるでしょ・・(笑)
歯も悪いし
おでこも広くなってきてるよね・・・(笑)


でも、テッカテカのピッカピカになっても、
今のままでいて欲しいと思うよ。

これからも応援してるし

カラダに気をつけてがんばってください。

ten3n.jpg


長女より。


追伸:登山してる人、男前ですね。


all photo by  イチ
posted by  カナ(ちびっこリーダー)
posted by picnic earth at 19:20| vol.2 イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

我武者羅應援団。

今回のイベントでオープニングとエンディングを飾ってくれたのは
その名も

我武者羅應援団。

ちょっと前から気になる存在で
とっても不思議な縁でイベント直前に繋がった。

出演オファーの前に必ずライブを観る!がポリシーのカナさんが
初めてライブを観れずにオファーをしたのがこの人たち。
しかもオープニングとエンディングを任せちゃうんだから(笑)
かなり無茶なお願いかな・・と思ったけど
とても丁寧に漢字いっぱいのメールで(笑)
「できますよ」 とお返事をくれた。

gamu1n.jpg

gamu3.jpg gamu6.jpg gamu2.jpg gamu5.jpg


今回も例外なくイベント開始直後はガッチガチだったあたしが
うーん もしかしたら初めてかもしれない

オープニングパフォーマンスでオモイっきり笑った。
しかも舞台監督のゴッシーとふたりして客席・・(笑)

来てくれた方にしか分からなくて申し訳ないのですが
ああいうネタ(?!)とか発想は
環境問題とかエコに良くも悪くも真面目に取り組みすぎたり
悪いイメージを持ってるとゼッタイ出てこなくて
何だかあたしまで目が覚めるような

そうね、そういうの、アリ!!って思えるような
とにかく気づかせてもらうことが多かった。

イベント終了後、武藤弟さんにお礼のメールをしたら

「エコもまずは楽しまなくちゃ続かないって言ってたでしょ」

という内容のお返事をもらって、

自分の言葉を誰かが解釈してくれて
新しいものってこうやって生まれてくるんだなって

とにかくうれしかったんだなぁ。
ありがとうございます!!


レポートにならなくてホントに申し訳ないのですが(笑)
この人たちのパフォーマンスもゼッタイ生で観て欲しいです。

あんなに笑って鳥肌立ってチカラが湧いてくるカンジは
久しぶりに味わいました。

あのネタは誰よりあたしがまた観たいから
ゼッタイまたイベントでご一緒したいです!


オープニングもエンディングも我武者羅應援団にお願いしてよかった。

ホントにありがとうございました。
 
gamu4n.jpg
↑エンディング 我武者羅應援団 with てんつくマン


all photo by  イチ
posted by  カナ(ちびっこリーダー)
posted by picnic earth at 19:00| vol.2 イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。