picnic earth PRESENTS

2008年09月17日

未来への可能性。


フロアーからは見えづらかったと思いますが
ステージ上に置かれた怪しい足形。

2008_9_17_aihatikyuutoutau 18.jpg


イベント中にはご紹介しましたが、
実は人が踏むことで発電する “発電床” なんです。


今回のイベントではドラムセット内のマイクに
くるくる巻き付けさせていただきました。

2008_9_17_aihatikyuutoutau 78.jpg
↑主役は住職ではなく、マイクに巻き付いたちいさな電球です(笑)



ライブハウスの床で発電することは、かれこれ5年来のあたしの夢


ライブハウスによく行かれる方は
中でもモッシュ大暴れ系のライブに行かれる方はご存知だと思いますが
ライブハウスの床って揺れるでしょ? 人力で。
それはそれはもうすごいエネルギー量で。
ある日突然 あれは誰のライブ中だったかな〜 ふと思ったの。
このエネルギーで発電出来ればいいのに。って。

“グリーンエネルギー”と呼ばれるものにはいろいろあって
例えば風力だったり太陽熱であったりバイオマスであったり
使用電力の一部を風力発電で賄っている某有名大型ライブハウスもありますが
いやいやいや、ライブハウスですから。
フロアーで発電しましょうよ!と、それはそれはあてのナイ(笑)、
大きな大きな夢を描いておりました。

で、それがですよ。

たまたまつけたテレビの中で“発電床”が紹介されているではありませんか!

さっそくネットで検索して見つかったのが、
株式会社 音力発電
会社名までステキ過ぎるッ!!!!!

こんなに熱いオモイがあるのに
あたしは中国視察のため会社を訪れることができず
副責任者のイチがそのオモイを受け取って
直々に会社まで貸し出しの交渉に行ってくれました。
その結果イベント会場にやってきたのが、写真の怪しい足形クンです。


足形クンのサイズは50センチ×50センチ
点灯するのは、150個のちいさなちいさなLED電球。
でも、もう、うれしくってさ。

とってもちいさな灯りだからステージの照明には敵わないし目立たない。
ドラムセットのマイクは移動させるものなんだから。
そこに固定するのはちょっと・・・・・・・・・・・ などなど
たくさんのアドバイスをいただきました。

が、結果、カナ一歩も譲らずでホントにごめんなさい。
我ながら頑固だな〜・・と思ったのですが
5年間描き続けた夢、その初めの一歩、どうしてもステージに置きたかった。

見えないとしても。
何の役割を果たしてるの?と思われても。
これが現状。
ちいさいからこそ可能性。だと、思いたかっし、思いたい。


イベントに来てくれたお客さんに

NUBOのライブ中
tommyくんと一成くんが向き合ってこの発電床を踏んでさ
その瞬間ステージの照明もほとんど消えて
暗闇に青い光のスジが2本
上に向かって延びたの覚えてる・・・?

もーぉ、めちゃめちゃ感動して、諦めない。って思った。
ああいう不思議な瞬間があるから、イベントって止められないんだ。

結局、やはりマイクスタンドは動かすものであって
FUNKISTのライブのときにはコードが断線
電球が3つしか点かないという事態になってしまいましたが
あたしとしてはこれが今のところこれが現実というか
結果、らしくて、おもしろかった(笑)
間違いなく“らしい”でしょ?


繰り返しになるけどあたしの大きな大きな夢のひとつは

アーティストが奏でる音楽でオーディエンスが踊り
そのパワーでアーティストがまた音を奏でられること

実際今でもある意味成立している構図なんだろうけど
それを電力の部分でも成立させたい。


イベントが終わって改めて音力発電にその可能性をお聞きしたところ

どれだけ賄うかという問題だと思いますが、
近い将来照明がLEDなどの照明に変われば
照明部分だけならば補える可能性は高いと思います。

と、お返事をいただきましたッ。

音源関係の電気を賄えるようになるのはもう少し先だというお話でしたが
大切なんは、ちいさくても、今できることを知ることなんよな〜。


今まではあたしひとりの空想に近い夢だったけど
今回の出会いで同じ夢を見てくれる人が
たくさん増えたんぢゃないかな〜。と思う。

いつかフロアーに発電床を敷き詰めたいな。
だーれかーーー(笑)

音力発電について詳しく知りたい方は
上に貼り付けたリンクを見てね。
何だかわくわくするよー♪




最後に、担当の服部さん、
当日は相模原から遥々ありがとうございました!
イベントを最後まで見てくれて、ホンットにうれしかったです。
いつかたくさんの人の夢が叶いますように!



posted by カナ(ちびっこリーダー)

 

 

posted by picnic earth at 22:41| vol.2 イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。